ヒナタカコ

ヒナタカコ

シンガーソングライター/作詩・作曲・歌い手

福井県出身

日本海にほど近い、自然豊かな土地の寺に生まれる。
幼いころより書道や絵、5歳から始めたピアノを遊び道具としながら、音楽に慣れ親しみ中学時は合唱部に所属。
広々とした川縁や本堂でも歌い込み、歌の世界へと惹かれていった。
15歳のとき、小谷美紗子のライブに影響を受け、弾き語り、作詞作曲を始める。

音楽教師を目指す最中、ふとしたきっかけで出場したYAMAHA TEENS MUSIC FESTIVAL2001で全国2位となるも、大阪音大ピアノ専攻に進学し4年間クラシック音楽に浸る。4年の教育実習時に、自作曲の弾き語りをした際、人と自分を繋ぐ" 歌の力 " を再認識し、卒業後に上京。

ライブ活動を重ね、2008年にセルフレーベル「Hi-sept.music」を立ち上げ、1stアルバム「潤-jun-」にて全国デビューし、これまでに6タイトルの作品をリリース。

独特で力強い歌声、シンプルながら情景的な歌詞は世代を越えて響き、寺院コンサートや伝統文化との共演など独自の活動を展開。唱歌をアレンジし歌い継ぐ活動、合唱曲の提供なども手掛けている。

ヒナタカコより

2006年

大学卒業後、上京し、東京で音楽活動を開始。東京のライブハウスで活動を始める。自主制作シングル「緋色の涙/神無月」(ライブ会場販売CD)を制作リリース。

2007年

東京のライブハウスほか各地でのイベントにも出演するように。
8月、「第2回FM福井HOME TOWNSONG AWARD」グランプリ受賞(受賞曲「こころの海」)
11月、「第2回渋谷音楽祭」にて渋谷c.c.lemonホールに出演。12月、丸ビルマルキューブでのX'masライブに出演。

2008年

24歳でセルフレーベル,、Hi-sept.musicを立ち上げる。
7月、逗子海岸OTODAMA SEA STUDIO「LIVE BOUND Vol.1」に出演。
9月、丸の内発ラブソングステーション ニッポン放送Suono dolce出演を機に11月、日比谷公園でのニッポン放送「THE ラジオパークin日比谷」に出演。
11月、東京での初めてのワンマンライブを恵比寿天窓switchにて開催。
12月3日には、セルフレーベル、Hi-sept.musicより、1stミニアルバム「潤 –jun- 」を全国発売。発売記念インストアライブ、ラジオ出演など関西地区・中京地区を中心に実施。

2009年

1月、福井テレビまちなかライブ「ヒナタカコデビューアルバム発売記念イベント ~小坂明子&ヒナタカコジョイントライブ」開催 。
3月、小坂明子ビルボードライブに、ゲストとして出演。(ビルボード福岡、ビルボード大阪)
4月、デビューアルバムリリース記念「ヒナタカコみくに感謝ライブ」を、地元福井県みくに文化未来館で自主企画で無料ライブとして開催。
5月、博多どんたくイベント(福岡)、6月、SAKAE-SPRING(名古屋)、10月、ミュージックシティ天神(福岡)、FM802 MINAMI WHEEL(大阪)等、全国の音楽イベントに出演。

6月に初の寺院ライブを開催。
「第60回全国植樹祭2009ふくい」坂井会場イベントに出演。会場テーマ曲「いのちの川」を書き下ろす。
このイベントがきっかけで、翌年3月で休校となる竹田小学校・丸岡中学竹田分校との音楽を通じた交流が始まる。

11月16日、2ndアルバム『花筐-ハナガタミ-』を、全国リリース。リリース記念プレミアムライブを、ニッポン放送と山野楽器銀座本店の協力で、ニッポン放送イマジンスタジオにて開催。花筐もみじまつり出演など福井各地をはじめ、首都圏、関西、東海、九州地区などでアルバム発売記念インストアライブやフリーライブを実施。

2010年

1月16日、地元福井県坂井市ハートピア春江でのリリース記念ワンマンライブを開催(SOLD OUT)。
埼玉県鴻巣市合併5周年記念 鴻巣びっくりひな祭り2010オープニングセレモニーイベント出演。
SAKAE-SPRING(名古屋)、MINAMI WHEEL(大阪)など各地の音楽イベントも重ね、地元福井での活動も広がり始める。

3月、「僕たちの景色」を書き下ろした福井県坂井市丸岡町竹田小学校竹田分校休校式にて交流した子どもたちと共演。交流も模様が地上波地元メディア全局で特集される。

他にも丸岡南中学校美術部とのアートコラボ、金津中学校合唱指導などにも参加。
6月 若狭高校演劇部によるヒナタカコの曲を題材とした創作劇「ゆく時に」公演(小浜市民センター大ホール)にて共演。
7月、浄土真宗高田派本山 専修寺(三重県津市)にて得度。
8月、近松門左衛門人形浄瑠璃イベントライブ出演。
9月、「越前漆器ウィーク2010うるしの里コンサート」をきっかけに、越前漆器とのコラボグッズの盃のデザインを自ら手がけ完成。

12月、「僕たちの景色」を「滴 - shizuku - 」に収録し福井限定CDとしてリリース。

2011年

4月、自主企画「ふるさと感謝ライブ」福井県坂井市のハートピア春江・大ホールを開催。
1月、7月、東京原宿ラドンナにて自主企画「節気の響宴」シリーズを開催。

3月、 三重県、浄土真宗高田派本山専修寺親鸞聖人750回お待ち受け法要、
5月、京都府、浄土真宗仏光派本山仏光寺親鸞上人750回忌大遠忌コンサートに出演。
福井県護国神社や野岡白山神社など、神社でのライブも行う。福井県勝山のゴスペル合唱団クリスマスコンサートにゲスト出演。

12月、福井県坂井市ミュージックフェスティバルに出演。坂井市文化振興事業団の依頼を受け坂井市をイメージとした合唱曲「ふるさと讃歌」を書き下ろし、同ステージにて市民合唱団と共に合唱曲を披露。

11月27日、東京・台東区の西徳寺でワンマンライブ『ヒナタカコお御堂ライブ ~晩秋の宵in西徳寺~』を開催。
ライブ会場限定販売として、レターCD「UTABUMI -歌文ー」をリリース。(収録・いずこの空、愛の灯)

2012年

5月、「いずこの空」がスペースシャワーミュージックより全国リリース。2012.5月度オリコンパワープレイチャート1位を獲得。リリース後、2府22県を周り、各地でのイベント、インストアライブに出演。
東京、大阪でのリリースワンマンを成功させ、秋にはアメリカ、ニュージャージーでのスクールコンサート、サンフランシスコでの寺院ライブも経験。そのほか 地元メディア局への記念合唱曲の提供、地元中学生吹奏楽とのジョイントなど、交流活動も広がる。

12月より、FMヨコハマにて、DJを務める番組、「にほん こころメロディー」がスタート。唱歌をアレンジしての弾き語りや、神奈川県下の合唱団とのジョイントの模様がオンエア。

2013年

1月、チェリスト柏木広樹氏プロデュース「夢のかなた」リリース。
4月、リリース記念2マンライブ「ヒナタカコ×村上ゆき」を開催@渋谷マウントレーニアホール
かわさきアジア交流音楽祭、みやざき国際ストリート音楽祭、富山立山山麓音楽祭など、各地の音楽イベントに出演。
10月、鎌倉歐林洞ワンマンライブ開催。11月、福井美浜ナビフェス、みくに文化未来館20周年コンサート出演。
11月、中国紹興市、あわら市30周年記念式典にて、交流の原点となる魯迅と藤野先生の友好を重ね「いずこの空」中国語バージョンを披露。
12月、東京スカイツリータウンクリスマスカウントダウンライブ出演。

2014年

3月、音楽専門チャンネルスペースシャワーTV地域ドキュメント企画「VOICEOFJAPAN」にて宮崎県の大宮高校、大宮中合唱部の生徒たちとの交流を通して合唱曲「僕らの光」を描きおろす。一年間の宮崎での交流の様子、披露イベントの「光のコンサート」が各地のCATVにてオンエア。
中国紹興市訪問。紹興市付属中学と福井県あわら中学の交流に参加。中国語バージョン「いずこの空」を現地の生徒たちと合唱。
4月、福井県にて和太鼓とのジョイントライブ「遠近」ツアー開催。(三国、池田)
10月、長崎音の祭り2014に出演。滋賀、福井での寺院コンサート、福岡での講演ライブに出演。
12月、長崎ハウステンボス 天使の歌声クリスマスコンサート出演。(12.23~25の三日間)
12月17日、新譜「AQUADREAM」リリース!

このページのトップへ