ヒナタカコ

ヒナタカコ

シンガーソングライター/作詩・作曲・歌い手

福井県出身

日本海にほど近い、自然豊かな土地の寺に生まれる。
幼いころより書道や絵、5歳から始めたピアノを遊び道具としながら、音楽に慣れ親しみ中学時は合唱部に所属。
広々とした川縁や本堂でも歌い込み、歌の世界へと惹かれていった。
15歳のとき、小谷美紗子のライブに影響を受け、弾き語り、作詞作曲を始める。

音楽教師を目指す最中、ふとしたきっかけで出場したYAMAHA TEENS MUSIC FESTIVAL2001で全国2位となるも、大阪音大ピアノ専攻に進学し4年間クラシック音楽に浸る。4年の教育実習時に、自作曲の弾き語りをした際、人と自分を繋ぐ" 歌の力 " を再認識し、卒業後に上京。

ライブ活動を重ね、2008年にセルフレーベル「Hi-sept.music」を立ち上げ、1stアルバム「潤-jun-」を全国リリース。

独特で力強い歌声、シンプルながら情景的な歌詞は世代を越えて響き、寺院コンサートや伝統文化との共演など独自の活動を展開。学校交流なども行い、合唱曲の提供なども手掛けている。

ヒナタカコより

2006年

大学卒業後、上京し、東京で音楽活動を開始。東京・福井のライブハウスでライブ活動を少しずつ始め出すとともに、自主制作シングル「緋色の涙/神無月」(ライブ会場販売CD)を制作リリース。

2007年

上京2年目、東京でのライブ活動をライブハウスの場所も広げ回数も広げ始める。また、企画イベントにも出演しはじめる。

8月、「第2回FM福井HOME TOWNSONG AWARD」でグランプリ受賞(受賞曲「こころの海」)。11月には渋谷c.c.lemonホールでの「第2回渋谷音楽祭」メイン会場イベント(甲斐よしひろ、他)に推薦出場。12月にはマルキューブでの「東京・丸の内の丸ビルディングX'masライブに推薦出場(ゴスペラーズ、今井美樹他)

2008年

年初に出会った同郷のスタッフとともに、これまでのアーティスト1人だけでの活動から活動の形を変えはじめ、24歳でセルフレーベル,、Hi-sept.musicを立ち上げる。

東京でのいくつかのライブハウスでのライブ活動を前半は継続しながらも、同年末に予定をたてた東京での初ワンマンライブ、初の全国流通アルバムリリースに向けた準備をまたいろんなイベント企画などにも参加。7月には、逗子海岸OTODAMA SEA STUDIOでの実力派女性シンガーソングライター特集ライブイベント「LIVE BOUND Vol.1」(主催・企画制作:バウンディ)に出演。

9月に、丸の内発ラブソングステーション ニッポン放送Suono dolceの生演奏ありの番組に出演したところ好評で、11月、日比谷公園で開催のニッポン放送番組祭りイベント「THE ラジオパークin日比谷」での「Suono Dolce Autumn Live in Hibiya」に呼ばれる(出演:aluto/ 藤澤ノリマサ/ ヒナタカコ/ 平井大)

11月には、東京での初めてのワンマンライブ「3年目のトーキョー。初めてのワンマン。」を恵比寿天窓switchにて開催。12月3日には、セルフレーベル、Hi-sept.musicより、セルフプロデュースにて、1stミニアルバム「潤 –jun- 」を全国発売(販売元:バウンディ)。リリース直後、HMV新宿SOUTH店を皮切りに、翌年初めまで、各地でのアルバム発売記念インストアライブを実施。関西地区・中京地区のラジオ局を中心にキャンペーン活動を実施。

2009年

1月、福井県福井市の響のホールにて、福井テレビまちなかライブ「ヒナタカコデビューアルバム発売記念イベント ~小坂明子&ヒナタカコジョイントライブ」開催。(主催:福井テレビ、後援:福井新聞社、FM福井、松木屋) 。3月には小坂明子さんのライブに、ゲストとしてビルボード福岡、ビルボード大阪のステージに立つ。

4月、地元福井県三国町のみくに文化未来館で、地元への感謝のしるしに幅広い方々を対象としたデビューアルバムリリース記念「ヒナタカコみくに感謝ライブ」(無料)を、みくに文化未来館で自主企画制作で主催。

5月に博多どんたくイベント(福岡)、6月にLACHIC presents SAKAE-SPRING(名古屋)、10月にミュージックシティ天神(福岡)、FM802 MINAMI WHEEL(大阪)等、全国の音楽イベントに出演。

6月に初の寺院ライブを開催。寺院ライブはこれを機にその後各地各所で広がっていく。

地元・福井では、6月、福井県坂井市丸岡町山竹田での「第60回全国植樹祭2009ふくい」坂井会場イベントに出演。イベントメッセージソングとしてオリジナル曲「いのちの川」を歌い、フィナーレを、ヒナタカコと少年少女合唱団との合唱で飾る。このイベントがきっかけで、翌年3月で休校となる竹田小学校・丸岡中学竹田分校との音楽を通じた交流が始まる。他にも、自治体や各地区・団体など主催のイベントや祭りなどへの出演オファーが増えはじめる。

11月16日、2ndアルバム『花筐-ハナガタミ-』を、セルフレーベル、Hi-sept.musicより全国リリース(販売:バウンディ)。リリース記念招待制プレミアムライブを、ニッポン放送と山野楽器銀座本店の協力で、ニッポン放送イマジンスタジオにて開催。リリース直後から、継体天皇ゆかりの地で世阿弥の謡曲「花筐」の里である越前市の花筐公園能舞台での花筐もみじまつり出演など福井各地をはじめ、首都圏、関西、東海、九州地区などでアルバム発売記念インストアライブやフリーライブを実施。

2010年

1月16日、地元福井県坂井市、ハートピア春江のリリース記念ワンマンライブは立ち見を出すSOLD OUTとなる。地元福井での初のホールでのワンマンライブ。

東京や大阪でのライブハウスでのライブ出演や埼玉県鴻巣市合併5周年記念 鴻巣びっくりひな祭り2010オープニングセレモニーイベント出演、2年連続でのSAKAE-SPRING(名古屋)、MINAMI WHEEL(大阪)出演なども行うが、全般的に、地元・福井での音楽活動の切り口がより多彩となり広がった年。

2009年6月全国植樹祭出演をきっかけに、福井県丸岡町竹田地区の分校との交流がはじまり、休校を迎える子どもたちに曲を送り、2010年3月、休校式で共演。他にも丸岡南中学校美術部とのアートコラボ、金津中学校への曲提供、合唱指導などにも参加。また、6月 若狭高校演劇部によるヒナタカコの曲を題材とした創作劇「ゆく時に」公演(会場は小浜市民センター大ホール)に共演する。各地の学校との演劇や美術・合唱などを通じた交流活動を活発化。

7月には、浄土真宗高田派本山 専修寺(三重県津市)にて得度。

各自治体や地区・団体などのイベントや祭りでの出演も2009年に引き続き、多くなるが、新しい取組としては、近松門左衛門の里でもある福井県鯖江市で、人形浄瑠璃ステージでのライブなど、その後にも続く人形浄瑠璃、近松作品とのコラボ共演を果たす。9月には越前漆器の産地、福井県鯖江市で「越前漆器ウィーク2010うるしの里コンサート」出演。これがきっかけとなり、越前漆器とのコラボグッズの盃のデザインを自ら手がける。

12月には、メモリアルCD「滴 - shizuku - 」を福井限定CDとしてリリース(発売・販売元:Hi-Sept.music)。2010年春、休校となった坂井市丸岡町竹田小学校、丸岡中学竹田分校のこどもたちへ送り、休校式で共演し歌った曲「僕たちの景色」、学校交流のきっかけとなった「第60回全国植樹祭2009ふくい」坂井会場でのテーマソングとしての書き下ろし曲「いのちの川」を収録。

2011年

4月には、福井県坂井市のハートピア春江・大ホールで、700名の観客を魅了した自主企画「ふるさと感謝ライブ」を敢行(主催・企画制作:Hi-Sept.music)

1月、7月には、ヒナタカコ自主企画として、東京で「節気の響宴」シリーズライブを開催。7月には奄美出身の里アンナさんを招き、「節気の響宴」Vol.2 「2011半夏生の響宴 in La Donna~日本の原風景・奄美と越が生んだ二人の歌女(うたいびと)~」という企画イベントも主催。

親鸞聖人750回忌法会イベントとして、三重県の浄土真宗高田派本山や京都府の浄土真宗仏光派本山での音楽コンサートに出演。寺院の本堂でのライブ以外にも、福井県護国神社や野岡白山神社など、神社でのライブ出演依頼にも応え出演。ゴスペル合唱団との共演コンサートも実施。

合唱曲制作と合唱活動も大切にしており、坂井市制施行5周年記念事業として、坂井市文化振興事業団より坂井市をイメージとしたオリジナル楽曲の制作を委嘱され、作詞・作曲、合唱曲制作に加え、公募の市民合唱団への合唱指導を行い、12月に、ハートピア春江 大ホール(福井県坂井市)で行われた「ミュージックフェスティバルinさかい ~ふるさとに寄せる想いをひとつに~」にゲスト出演し、市民合唱団と合唱曲を披露。

11月27日には、東京・台東区の西徳寺でワンマンライブ『ヒナタカコお御堂ライブ ~晩秋の宵in西徳寺~』を開催。多くの音楽関係者から更に注目されるきっかけとなる。

同年11月27日には、ライブ会場限定販売として、レターCD「UTABUMI -歌文ー」をリリース。「いずこの空」と、震災後に書き下ろした「愛の灯」を収録。郵便切手を貼ってそのまま手紙として郵送でCDを人に送れるというユニークなCDを自ら企画制作。

2012年

2012年5月16日 「いずこの空」がマキシシングルとして全国リリース。2012.5月度オリコンパワープレイチャート1位を獲得。

リリース後、2府22県を周り、各地でのイベント、インストアライブに出演。

東京、大阪でのリリースワンマンを成功させ、秋にはアメリカでのスクールコンサート、寺院ライブも経験し 地元メディア局への記念合唱曲の提供、吹奏楽とのジョイントなど活動の幅が広がる。

12月より、FMヨコハマにて、DJを務める番組、「にほん こころメロディー」がスタート。唱歌をアレンジしての弾き語りや、神奈川県下の合唱団との交流の模様がオンエアされている。

2013年

1月ニューシングル「夢のかなた」リリース!

このページのトップへ